朝ヨガの効果は?

ここでは「朝ヨガ」についてお話していきたいと思います。
朝ヨガは、ずばり朝にヨガをすることですが、新鮮な朝の空気を体に取り入れるので、頭が冴えます。
自律神経を整える効果がヨガにはあるので、朝にヨガをすることで、自分の頭の中を整理したり、リフレッシュ、リラックスします。
朝ヨガすることはダイエットにも良い効果が期待できます。
朝起きると寝ている間の炭水化物が消化されて、体内には栄養物がない状態になっているでしょう。
脂肪燃焼をしようとしている体のタイミングが朝なので、朝ヨガで効率的にダイエットが可能なのです。
朝ヨガでは体質改善もできます。
朝ヨガは太陽が出てくるタイミングで行いましょう。
人間の体は太陽の光で体内時計がリセットされます。そして体のリズムが整う仕組みになっています。
早起き出来ていますか?
休みの日は遅くまでベットに入ってはいませんか?あまり遅くまで寝ていると、かえって体に良くありません。
日の出と同時くらいに目覚め、カーテンを開けて、朝の光を全身に浴びましょう。朝ヨガのイベントなども最近では行われているので、一度出かけてみても良いでしょう。
朝にたっぷりとヨガすることで、その一日、とてもすがすがしい日を送れるでしょう。ダイエットにもとても効きます。

 

⇒ ホットヨガスタジオの検索ならこちら

夜ヨガの効果

寝る前のヨガは、一日の疲れを癒し、リラックスすることで、良い眠りにも繋がります。
入眠前のヨガで得られる効果はとてもたくさんあると言われています。
夜寝る前のヨガはメリットだらけなのです。
しかし、あまり激しいヨガは体を興奮させてしまったり、疲れてしまう結果になるので気を付けましょう。
ヨガでの効能、効果は時間帯によって異なります。
朝ヨガは、先ほど触れたように、体や頭をすっきりさせる効果があると言いましたが。夜ヨガはリラックスさせるためのものです。
深呼吸は体の隅まで氣が巡っていきます。酸素が取り入れられるので、血液循環がさらに良くなります。
このようなことから浄化効果も期待出来るのです。
朝ヨガではカーテンを開けて日の光を浴びると、さらなる効果が上がります。
夜ヨガでは大地のエネルギーを感じながらリラックスして行うので、裸足で出来ればやりましょう。ただし体を冷やさないように注意が必要です。
老廃物の流れを感じながら自然治癒の力を高めるのです。
このように、自分の得たい効果でもヨガの時間帯は違います。

ヨガでのうつ病緩和効果

ヨガは自律神経に良い作用があります。
ヨガは自律神経を整える治療でも使用されている場合があります。
自律神経とは交感神経と呼ばれる代謝や消化などの生命活動を活発にするものと副交感神経という逆に鎮めてリラックスさせる二種類があります。
これらの2つの神経の優位は12時間くらいで入れ替わるので、これでバランスを保つのです。
過労、日々のストレスによって脳が休まる暇がないと、このバランスはじょじょに乱れます。
これによりうつ病になることもあるのです。
ヨガでは、うつ病を緩和していく作用もあります。ですので、息抜きとしてやっていくことも良いでしょう。
ヨガは体をほぐすだけでなく、心にもよく効きます。疲れを感じた場合にはヨガをしてみましょう。
もし鬱かな?と感じたら、もしくは鬱予防にもヨガをすることはとても良いことなんです。
ここでは自律神経失調症、うつ病に効くものをご紹介していきます。
内面からくる自律神経失調症や、うつ病はヨガで十分改善することが出来るのだそうです。
自律神経失調症になるとなかなか自分では治すことは難しいです。しかし、ヨガのような呼吸法で、ある程度のコントロールは可能です。
うつの症状、自律神経失調症には「猫のポーズ」のヨガを取り入れてみましょう。
この「猫のポーズ」はヨガの中でも意識的に呼吸をしていくので、お勧めします。
まず、リラックスから始めましょう。ゆっくりと、自分の呼吸を感じながら自分のペースでやってみましょう。